薄毛の原因

男性の薄毛の原因にはいくつかあります。男性ホルモンや遺伝、生活習慣、ストレスなどが関係しているといわれています。特に、男性ホルモンと薄毛や抜け毛の関連性は深く、AGA(Androgenetic Alopecia)という男性型脱毛症は、頭頂部から毛髪が薄くなる場合と、額から生え際が後退していく場合とに分かれ進行していくのが症状として表れます。

このAGAの発生の原因には、髪の毛の周りの皮脂腺や毛乳頭などに存在する、5αダクターゼという酵素があり、男性ホルモンの一種であるテストステロンと結びつくと、ジヒドロテストステロンになり、これが毛根部の毛母と呼ばれる細胞の分裂を抑え、毛髪の成長を妨げるためAGAが発症するとされています。AGAにはいくつか治療方法がありますが、薬物治療でフィナステリドを服用すれば、原因となっているジヒドロテストステロンの生成を抑え、AGAの進行を抑え、薄毛や抜け毛を改善する効果がある事がわかっています。しかし、フィナステリドの服用をやめてしまうとまた、AGAの進行が始まります。

AGAの治療は美容外科や皮膚科などの医療機関で行われていますが、薬の服用だけでなく、血行を良くするミノキシジルという塗り薬も使われます。人によって治療の効果については表れ方に違いがありますし、自由診療となりますから、もしこれらの治療を行うのでしたら、きちんと医師のカウンセリングを受け、費用の面でも納得してから治療にあたってください。



◎管理人特選サイト
リーブ21の求人サイトです >> リーブ21求人サイト
Copyright © 2014 薄毛になったら相談しよう All Rights Reserved.